レインボームーンのルーツ⁉︎

❤️  ご先祖さま&両親
❤️  
レインボームーンの幼少期

レインボームーンの幼少期 

元気なお転婆な女の子でした。
暗くなるまで近所のお友達と一緒に、外で遊んでいました。
泥団子を作ったり、風呂敷をマントにして、ヒラヒラとなびかせながら、走り回っていました。

小学校に入る前に、幼稚園からお家に帰って来ると。。。
買ってもらったピカピカのランドセルが堪らなく嬉しくて、
背負って広場で遊んでいたら、上級生に、早くお家に帰るよう、注意されたのを覚えていますね~。

小学校に入学してから。。。書道教室や塾に通ったり、お勉強も楽しんでいました。
また、水泳や陸上の選手として、コーラス部員にも選ばれて、
学校の代表として大会に出場していました。


夏休み期間中の水泳の練習には、
母が、目薬と水筒とロールパンを持って、学校のプールサイドにいました。
練習が終わると、母と一緒に喫茶店に寄って、かき氷を食べるのが楽しみでした。

小学6年生の運動会での出来事。。。
紅白リレーのアンカーに選ばれた私は、
他の団が100メートルほど先を走る差のついたバトンを、
5年生から受け取ると、見る見るのうちに距離を縮めていき、ついに!追い抜きました。

すると、グランド中から歓声が上がりました。
その晩は、”追い抜いたお祝い”と言って、
近所の肉屋さんが家族分のステーキを持って来てくれました。美味しかったなぁ~。

また、新聞の建売住宅の広告を眺めては、
”ここは私の部屋~”と言って、家具のレイアウトを考えて、
夢のマイホームを想像していました。
時には、方眼紙を使って、お家の模型のような物も作って遊んでいました。
この頃、将来、インテリアコーディネーターとして、
お仕事する事など、全く想像してませんでした。

それから、ある日の出来事。。。
古墳遺跡発掘か何かのTV番組を見て、
何を思ったか?私は、同じように何か宝が出てくるのでは?と思い、
即!庭を掘っていたのを覚えていますよ~。

”思いたったが吉日!”行動に移すのは、小さい頃から早かったようですね~。

ある時、友達と自分たちの基地を作ろう〜と、言う話しになりました。
そこで、私は、白紙に図面を書いたことを覚えています。
この頃、将来、建築士の資格を取得するとは、思っていませんでした。
ミィーティングスペースに荷物置き場。。。
基地の場所は、近所の酒屋さんの裏スペースです。
そこに、たくさんのビールケースがあって、図面を基にそれを壁として組み立てていきました。
またまた丁度イイ、ベニア板もあって、屋根として利用しました。
基地の中は、酒樽をテーブルに、ビールケースを椅子と棚にして、
そこが、駐車場になるまで基地として、私たちだけのスペースとして楽しんでいましたぁ〜。

温かい目で見ててくれた酒屋さんありがとうございました。

それから、歌を歌うのが好きな女の子でした。
父のサングラスをかけて、フィンガー5の歌を歌っていました。
フィンガー5の車様カセットテープを買って、何処へ行くにも車の中では、
フィンガー5とドリフターズの歌が鳴っていました。

初めて買ったレコードは、イルカのなごり雪です。


元気にスクスクと成長していって、
音楽やスポーツ、書道に夢のマイホームと興味の幅が広がって行きました。
そのアンテナが、幾つも立ち出した時代ですね~。
好奇心が、大きく膨らんでいきました。
それは、今も変わらないなぁ~。。。